総量規制対象外の方が使い勝手がよく助かる

おまとめローンも総量規制対象外

あちこちから融資を受けて返済することにお手上げ状態の方も、最近では増えているようですけどどうなのでしょう?
多重債務をしてしまっている方は、借入している先が違いますから金利や返済日も異なって、毎月苦労しますよね。
元はと言えば自分のせいですので、返済は何があってもしっかりするべきだと思いますからここはおまとめローンを利用しましょう。
ちなみに、おまとめローンは総量規制対象外になっていますので消費者金融でも申し込みが可能なのです。


総量規制対象外で助かった!

おまとめローンは対象外ですから、消費者金融でも申し込み可能だとお話しましたが注意点が一つ。
それは、消費者金融の最高融資額で多くの場所が恐らく500万円となっているはずですので、それよりも多い方は申し込み不可となります。
多額の借金を抱えている方は融資額の多い銀行に申し込むことをお勧めしたいのですが、借入件数が多過ぎてしまうと審査に落ちてしまいます。
おまとめローンはいくつでもまとめることが出来るのではなく、多くても4件までとなっているところがほとんどなのです。


借りることばかり考えない

多重債務をしてしまっている方は、借りることよりも返済する方に意識を集中させるようにしましょう。
おまとめローンは返済するためのものですから、先に返済をしてしまってから新しく融資を受ける方がすっきりして良いです。
総量規制対象外だからといって借り過ぎてしまうと、本当に返済が出来なくなってしまいますよ。

参考:プロミスのおまとめローン

コメントは受け付けていません。

年収が低い方は総量規制対象外が良い

アルバイトやパートで働いている方は、正社員の方に比べて収入が低くなってしまいますよね。
消費者金融は即日審査にも融資にも対応してくれてとても頼もしい存在ですが、総量規制がありますから収入の低い方ですと満足に借り入れることが出来ないこともあるのではないでしょうか?
年収が100万円前後の方ですと30万円前後までしか借入出来ないため、いざ何かあった時希望金額を借りることが出来なくて困ってしまいます。
そこで総量規制対象外の銀行へ申し込まれることをおすすめしたいのです。


住宅ローンも総量規制対象外

マイホームを持ちたい、マンションを購入したいけれど自分は年収が低いからローンなんて組めない、と諦めている方は早いですよ!
総量規制対象外は銀行と言う場所だけではなく、住宅ローンも含まれているのでご安心下さい。
住宅ローンは総量規制対象外となっているため、マイホームを手に入れたいと言う方もローンを組むことが出来るのです。
ネットなどで総量規制対象外について検索してみますと多くの情報が出てきますので、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。


限度額の変更は出来ますか?

銀行でももちろん、利用限度額の変更が出来るようになっているのですが、条件がいくつかあります。
借入をして延滞や遅延することなく返済しているのであれば、限度額を少しずつ増やしてもらえることが可能となっています。
ただし、利用し始めてからすぐの変更はできませんので、半年後くらいに頼んでみてはいかがでしょう?

≪PR≫
カードローン 借り換え(http://mylastballad.com/)

コメントは受け付けていません。

総量規制対象外だからこそ専業主婦でも借り入れができる

総量規制対象外と聞くと、つい「多くのお金を借りることが目的の人にしか関係ないことだ」と思ってしまう方がほとんどなのでしょうか。
確かに総量規制の対象かそうでないかはお金を借りる人に大きくかかわってくることですが、しかしそれだけはないんです。
この規制によって、専業主婦の借り入れも左右されるんです。


『消費者金融では専業主婦はキャッシングできない』

専業主婦は働いておらず、収入を持っていません。
そのため、年収の3分の1以上の借り入れを禁止する総量規制にのっとった場合、年収のない専業主婦は0円の3分の1以上のキャッシングを禁止されるということになります。
0円の3分の1以上というのはそのまま0円なので、つまりは借り入れができないのです。
このような理屈から、総量規制の対象になる消費者金融では専業主婦の借り入れができないようになっているのです。
ちなみにできなくなったのは2010年の賃金業法が改定された年からで、結構最近のことなんですよ。
専業主婦の方は総量規制のせいで肩身の狭い思いをしているのですね。


『専業主婦でも銀行で借り入れができるのは総量規制対象外だから』

一方で、総量規制対象外である銀行ならば収入のない主婦でも借り入れを行うことができます。
安定した収入を持っている配偶者がいれば、自身の年収のことを気にしなくても大丈夫だからです。
理論的にもOKということになりますし、総量規制対象外になるだけでここまで借りやすくなるんですね。
働いていないけれどどうしてもお金を借りたいと思っている専業主婦のみなさんは、銀行カードローンを使ってキャッシングを行いましょう。

コメントは受け付けていません。

総量規制対象外はルーズな方には向かない

皆さんの周りにはずぼらな方や時間やお金にルーズな方っていませんか?
性格はお金を借りる時にモデルと言われていますので、面倒くさがりな方などは金融機関を利用しない方が良いと言われているのです。
消費者金融は制限されているから自己破産をしたりすることは少ないと思いますが、総量規制対象外の銀行はそうもいきません。
年収に見合った金額の借入と言っても、借り過ぎてしまう方がいるようですのでそれが問題になっているのです。


総量規制対象外だからこそ自制心を

消費者金融を利用することが出来ないから銀行に申し込みをして融資を受けている方もいますが、ルーズな方ですと借りたら借りっぱなしで返済をまともにしていないと言う事もあるそうです。
返済をいつまでもしないままでいますと、その分利息が発生して借金がますます増えていくだけです。
総量規制対象外だから使い勝手が良いのですが、その便利さ故に生じるリスクがある事も忘れないようにして下さい。


返済計画をしっかり立てる

ルーズな方には向いていないと思いますが、何かの事情から利用しなければならなくなった時には、まず返済計画を立てましょう。
例えば、毎月どのくらいであれば余裕をもって返済できるのかその金額を割り出して、融資してもらう金額を決めるのです。
総量規制対象外ですから、何も問題が無ければ希望金額を借入することが出来ますので、しっかり計画を立てるように。
また、スタッフの方に相談しながら決めている方もいるようですから、不安な方は是非相談を。

コメントは受け付けていません。

総量規制対象外とは?

消費者金融とクレジットカードのキャッシングが規制の対象になっているという言葉を聞きますが、何の事がご存知ですか?
総量規制とは、自分の年収の3分の1までしか借入が許されないと言う決まりで、それ以上は融資してもらう事が出来ません。
総量規制対象外というのはその規制に関係なく、借入できると言う事なのです。
どんな場所が総量規制対象外なのかといいますと、それは銀行でこちらは専業主婦でも申し込みが可能です。


総量規制対象外だから安心

規制に引っ掛かってしまって消費者金融を利用することが出来なくなってしまった方が現在、銀行に申し込みをしているみたい。
総量規制対象外だから、自分の収入に合わせて借入れることが出来てどんな時でも頼れる存在となっています。
ただ、ネックな部分があって消費者金融など規制の対象になっているところよりも審査が厳しくなっているのです。
低金利と言うだけではなくて、総量規制対象外であることも厳しくなっている理由の一つみたいですよ。


審査で重要視されるのは?

銀行の審査で重要視されるのは、収入と勤続年数なので勤続年数は最低でも1年は欲しいところ。
また、他社からどのくらい借入をしているのか、その返済はどうなっているのかと言う部分も重視しているため借入件数やその金額が多い方は要注意です。
その銀行によって審査で重視する部分が異なるため、事前に調べておいた方が良いです。

コメントは受け付けていません。